きめ細やかにサポートする
モピテックの航空写真撮影のプロセス
21 お問合せ
どのような被写体のどのような写真がほしいのか、お客さまからのご依頼を伺います。
 ★モピテックはここが違う
ご予算に合わせて、あるいはほしい絵について丁寧にご相談させていただいています。ご不明な点はご遠慮なくお問合せください。
22 お見積り
飛行時間によって費用が変わってきます。なるべくコストを下げるため、撮影地に近い飛行場を選び、ヘリで行なうかセスナで行なうかを決め、料金を算出させていただいています。
 ★モピテックはここが違う
飛行場から撮影地が近ければ、費用を下げることができます。また、セスナかヘリ、あるいは何人乗りかによっても異なります。ご予算に合わて、何通りかのお見積りをお出しすることが可能です。
23 撮影日と時間の決定
撮影には、撮影場所の状況にもよりますが、原則的には空気が澄んでいる冬場や朝(日の出2時間後〜午前中)がベストです。天気予報などを参考に、空のガスっていない見通しのよい日を選びます。
 ★モピテックはここが違う
何日か候補日を上げさせていただき、そのなかからさらに、ご都合のよい日をお選び
いただけます。
24 天候確認
撮影日に近づいたところで、再度、天気予報を確認して、撮影日の変更または確認をさせていただきます。
25 前日最終確認
最終的には、撮影当日の夜が明けてみないとわかりませんが、前日にもかならず天候の確認をし、確認のご連絡をさせていただきます。
 ★モピテックはここが違う
前日の15時までにキャンセルのご連絡をいただいた場合には、キャンセル料はいただきません。
※ただし、当日キャンセルされる場合には、料金の100%のカメラマンフィーのみキャンセル料がかかりますので、ご注意ください。
26 撮影当日
当日の朝に、最終的な確認のご連絡をさせていただきます。また、フライトの前には、撮影の最終確認として、パイロット、カメラマン、お客さまとともにブリーフィング(フライト打合せ)をいたします。 ブリーフィングは当日の現地の視界、管制圏の状態、風向き、撮影プロセスなどの対応を入念に打ち合わせていきます。
 ★モピテックはここが違う
機内ではデジタルカメラとパソコンを接続し、撮影直後にパソコンのモニターで撮影画像がご確認いただけますので、撮影の精度を上げられます。また、デジタル撮影の場合はフライト直後に、飛行場で画像を再度チェックしていただけますし、その場でデータ(サムネイルまたは本番画像)をお持ち帰りになることも可能です。
27 現像&加工、納品
デジタル写真の場合には納品方法が2種類ございます。撮影したままの状態で全カットのJPEGファイルをお渡しする場合と撮影カットのサムネールをお渡しし、お客様に選んでいただいた後で、ご指定のカットを精度の高いデジタル加工をしお渡しする場合があります。データの受け渡しは、データが大きなファイルになる場合はCD-ROM、DVDに焼いてお渡ししますし、時間を優先される場合はサーバーを使ってダウンロードできるようにすることも可能です。
28 ご請求
納品後に請求書をお送りいたします。支払いのサイトに関しましては、お見積もり時に提示いたします。

Copyright (C) 2005 mopitec Corporation. All Rights Reserved