フルサイズの撮像素子
カラーマッチング完全対応

 当社では、フルサイズのキヤノンEOS-1Ds Markll (1600万画素)、またはEOS-1Ds(1100万画素)を使用しています。圧倒的な画素数であるというだけでなく、撮像素子がフルサイズであるということは、仕上がりの遠近感が一般的なデジタル一眼レフとはまるで違います。遠景の多い航空撮影の世界ではこの遠近感の差も当社では大切な仕上がりの要因と考えています。このフルサイズのハイエンドデジタルカメラに手ぶれ補正のためのジャイロを取り付け、撮影しています。

 また、当社では単に高精度のデジタルカメラを利用しているというだけではありません。一般的に航空撮影をしている会社では、モニターなどを測色器を使って高精度に調整することや、プリンターや室内光源をカラーマッチングに対応できるように調整している所は現状ではほとんどありません。しかし、デジタル写真では単に撮影するだけでは責任ある商品にはなりません。

 デジタル写真では後行程で補正処理を行なう場合は、高性能の測色器を使ったモニターのキャリブレーションは欠かせません。 例えば、購入したままの状態でモニターの色温度が9000Kぐらいに設定されているとします。このモニ ターで見ているとすると、一見キレイには見えますが、ものすごく青いモニターでデータを見ていること になります。こんなモニターで画像を確認しているのでは、正しい色に補正することはできません。

  当社では原則的には印刷適性を中心に考えていますので、モニターの白色点はD50にあわせ、ガンマ値 は2.2に調整しています。
 また、モニターが置かれている作業室もD50光源の蛍光灯にしています。
 この数値はごく一般的な印刷所に適合するデータですが、これ以外の補正値でデーターを補正することを希望される場合にも対応いたしますので、お問合わせください。

高精度のデジタル写真を提供するため、1,100〜1,600万画素のフルサイズのデジタルカメラを導入しています。
モニターは1ヶ月に一度ぐらいのペースでX-Rite社の測色器でキャリブレートしています。アドビガンマのように目測で調整するのと違い、高精度でモニターを調整することが可能です。
モニターが置かれている室内は印刷適性とのマティングを考え、D50光源で照明されています。航空機の撮影現場ではわかりませんが、見えない所にも責任ある処理をしたい当社のこだわりです。
モニターの白色点をD50
室内光源をD50
モニターの白色点を9300k
室内光源をD50
左のように、印刷標準のD50光源で照らされている室内で、D50に白色点を調整したモニターで見た場合は、モニターと印刷物は同じに見えます。しかし、右のように、モニターを購入したままのキャリブレーションしていない状態(仮に9000Kぐらいに設定されているモニター)で見るとキレイには見えますが、印刷物とマッチングは図れません。撮影したデータを確認したり補正したりするモニターは、印刷適性などを考えて正しく調整・設定されていなければ、レベルの高い撮影データをつくることができません。
Top >>